腰越散見 - 電車通






鎌倉市腰越、今や漁港と江ノ電で有名だが、歴史に残る義経の腰越状の腰越である。

小動漁港から、遅いランチに腰越駅の近くに戻る。

このあたり、食べ物屋の看板はしらす丼一色だ。


腰越駅から江ノ島にかけては、江ノ電が路面電車になる区間。
この日はお昼時で、交通量の多い道路でのクルマと電車の凌ぎ合いや譲り合い(?)は見られなかった。

c0156404_13323052.jpg
c0156404_13320467.jpg
c0156404_13314530.jpg

c0156404_13424513.jpg

c0156404_13325686.jpg

Leica TL2, Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM


by kurakame | 2017-10-08 07:22 | Comments(2)
Commented by imaipo at 2017-10-08 07:33 x
おはようございます
私もこの近辺を何度か歩いてますが
道路から見上げる電車の大きさに
圧倒されました、都内を走る都電と違いますね、(笑)
Commented by kurakame at 2017-10-08 14:38
imaipoさん、こんにちは。
多分、都電や市内電車よりも大型なのでしょうね。
それに路面から見る圧迫感も違ってきますね。
<< 腰越散見 - 江ノ電腰越駅 秋の海 - 小動漁港 >>