早くも夏草 - こやのさ緑道






山野を切り拓いて新駅とその周辺の商業施設が計画されたとき、
既存の住宅地との間に桜並木の遊歩道が造られた。

こやのさ緑道」と名付けられている。


なんでも、かつてこの地は山の中の沢で、村落共同体の萱場の見張り小屋があって、
「こやのさ」と呼ばれていたらしい。



桜並木の遊歩道の脇には、早々と夏草が繁茂し始めた。

c0156404_10493778.jpg
c0156404_10501019.jpg
c0156404_10491880.jpg
Leica TL2, Elmarit -TL 1:2.8/18 ASPH.


by kurakame | 2018-05-24 07:10 | TL2 | Comments(4)
Commented by imaipo at 2018-05-24 08:24 x
おはようございます
夏草が茂って歩道が狭く感じますね
草木の成長は早く剪定も大変でしょうね。
Commented by kurakame at 2018-05-24 09:47
imaipoさん、こんにちは。
ボクの記憶では、夏の前後に草刈りが行われているのですが。
Commented by ヒューマン at 2018-05-24 09:52 x
おはようございます
クラカメさんの記事を読んで なるほどと思いました
いいですね
Commented by kurakame at 2018-05-24 15:15
ヒューマンさん、こんにちは。
いや、ぼくも、あれっ夏草ってこんなに早くから・・と思った次第です。
<< 駅前ペデストリアンデッキの -... モノクロームの夏の日 - バス... >>