駅前ペデストリアンデッキの - 名残のツツジ






何度か登場する駅前の歩行者広場の小さな植栽コーナー。

周辺に植えられたツツジも、さすがに終焉を迎えてもうアップに耐える花模様ではなくなったが。



Sonnetarの50mm/1.1を思いっきり絞り開放で撮ってみる。

深緑の中にピンクの、花の名残の一文字。

c0156404_15281460.jpg

Leica M262, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2018-05-26 07:15 | M(Typ262) | Comments(6)
Commented by ヒューマン at 2018-05-26 07:22 x
おはようございます
人物がきれいにボケていて さすがですね
こういう撮り方 いいですね
Commented by imaipo at 2018-05-26 07:50 x
おはようございます
このような撮り方があるんですね
真似てみたいですが覚えていられるかな(笑)
Commented by getteng at 2018-05-26 08:05
kurakameさん
50mmf1.1って凄いレンズですね!
Canonでf1.0というのは見たことがありますが・・・。
Commented by kurakame at 2018-05-26 08:53
ヒューマンさん、こんにちは。
大口径レンズの被写界深度の浅さを利用しています。
なかなか難しいです。(笑)
Commented by kurakame at 2018-05-26 08:54
imaipoさん、こんにちは。
これもレンズ遊びの一つですが、
それに適したレンズ選びが必要ですね。
Commented by kurakame at 2018-05-26 08:57
gettengさん、こんにちは。
MS Opticalの宮崎さんが個人で設計製作されている
個性的なレンズの一つです。
<< 深緑と自転車 早くも夏草 - こやのさ緑道 >>