昭和な街、昭和なカメラ - 隣駅周辺






ぼくたち昭和っ子はなかなか平成という元号に馴染めないままに平成はあと1年で終わる。

正月早々天皇が亡くなって、元号が変わった時から、ぼくは西暦をメインにすることにした。

お役所関係の書類は基本平成だから、免許の書き換えとか、
たまに銀行の書類だかの日付の記入はいつも一瞬考えないといけない。


そんな平成も30年が経過して、昭和はいつの間にか昔々のことになってしまった。



山野を切り拓いて新しく造られた昭和の大団地と、駅、それに駅前商店街。

商店街はおもに個人商店用に住宅公団が分譲したようだ。

バス通りと、その裏側の道路沿いである。その先は、もう広い団地となっている。



裏側の通り。地元資本のスーパーや銀行のサービス入口があったり、いくらかの商店が営業を続けている。

c0156404_15220263.jpg

c0156404_15320627.jpg


c0156404_15221831.jpg

c0156404_15223477.jpg

Leica Ⅰf, Summaron 3.5cm/3.5, ACROS 100




by kurakame | 2018-06-02 07:05 | Ⅰ f | Comments(2)
Commented by imaipo at 2018-06-02 08:11 x
おはようございます
昭和から平成になり今度はどんな元号がつくのか
おっしゃる通りで私も時々え~~と平成何年?
手帳を見て確認です(笑)
Commented by kurakame at 2018-06-02 13:28
imaipoさん、こんにちは。
ぼくは、下一桁が「西暦+2=平成」と覚えてきました。
<< 梅雨入り前の快晴の日に - 朝... 昭和な街、昭和なカメラ - 隣駅前 >>