柿生の里の

東京西郊、川崎市と東京都町田市との都県境が入り組んでいる辺り、新しい住宅地と在来の農家の屋敷が混在している。
柿生(かきお)という古来の地名の通りなのかどうか、柿の木が多く、この季節新緑がとくに目を惹くことになる。

初夏の陽に輝く柿の新緑は特別に美しい。

c0156404_8361989.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. UV/IR

by kurakame | 2008-05-02 08:40
<< 柿生の里の鯉のぼり 大通り脇の植栽も >>