カテゴリ:Others( 29 )

memories ④- ’70 San Francisco

学生の頃からのネガが溢れてしまって、夏の1日、思い切って整理、大部分を廃棄することとした。
ふと、目にとまった、記憶が新鮮ないくつかのシーンを、夏の終わりの自分史のメモとして。
旧い写真ゆえ、カビ、キズ、退色等々はご容赦のほどを。



40年前の、アメリカ3都市駆け足1人旅とポジフィルムの退色

アトリエ設計事務所のボス(師匠)が、Hawaii Univ.のVisiting ProfessorとしてHonoluluに滞在するのに便乗して、雑用係兼運転手として少しだけ出かけさせてもらった。
帰国するボスを空港に送って、航空券を米大陸(Mainland)まで準備してもらっていたので、予約なしのいきあたりばったりで、SanFrancisco,Chicago,New Yorkと、建築を見てまわったときの記録である。

ドルが360円、外貨の持ち出し制限があったりで、フィルムも極力日本で調達していった。すべてボジフィルムで、メインはフジカラーであった。

スライドのマウントのまま、缶に保管していたのだが、見事に茶色一色の退色(!)。ところがこの記事のためにスキャンするときに、スキャナー(GT-X820)の「退色復元」をクリックすると、何とか(!)色らしいものが「復元」されたではないか。その画像がSan Franciscoの坂道である。

その後、持参のフィルムが無くなって、ChicagoやNYのドラッグストアで買ったエクタークロームは、かなり色が色らしく残っていたのだ。(次回に!)

c0156404_833527.jpg

NIKON F, PC-NIKKOR 35mm/3.5, FUJI COLOR


More(スキャナーの退色復元)
by kurakame | 2011-09-04 08:54 | Others | Comments(14)

memories③ - ’60、瀬戸内宇高フェリー

学生の頃からのネガが溢れてしまって、夏の1日、思い切って整理、大部分を廃棄することとした。
ふと、目にとまった、記憶が新鮮ないくつかのシーンを、夏の終わりの自分史のメモとして。
旧い写真ゆえ、カビ、キズ、退色等々はご容赦のほどを。


宇野-高松カーフェリー

’59年暮から’60にかけての駆け足西日本1周の旅の大きな目標は新旧の建築を「見狂って」(Mさんの言)歩くことであった。気が付くと、多くは丹下健三氏の、その数年以内に完成した新作が圧倒的に多かったが。

山陽道を東上して、四国にはどうしても観ておきたい丹下作品が高松(香川県庁舎)と今治(市庁舎、公会堂)にあった。

もちろん、本四連絡橋などは無い。JRの連絡船宇高航路(宇野-高松)とほぼ同じルートで民間の(といっても多分日通かどこかの大手)カーフェリーに乗って四国へ向う。

このフェリー、木造で、乗降は2枚の船板(厚い板)を渡してその上を通過する。係り員の誘導はあるものの、シロウト運転手には冷や汗モノではある。

運行中もごらんの通り、安全設備は何も無い、全て自己責任ということか。プロが大半を占めるこの時代であったからこそであろうか。


         デッキで一服のMさん。
c0156404_8154353.jpg

Canon L2, Serenar 35mm/2.8


More(’60年新春のフェリー)
by kurakame | 2011-08-25 08:27 | Others | Comments(14)

memories② - ’59年、国道9号線

学生の頃からのネガが溢れてしまって、夏の1日、思い切って整理、大部分を廃棄することとした。
ふと、目にとまった、記憶が新鮮ないくつかのシーンを、夏の終わりの自分史のメモとして。
旧い写真ゆえ、カビ、キズ、退色等々はご容赦のほどを。


’59年12月、国道9号線で

先輩のMさんが大学院の都市計画専攻に進学したことで、クルマで日本1周しながら都市と建築の観て歩きを計画された。幸い、友人のツテで、トヨタさんから中古のライトバンを無償で貸与していただき、Mさんのアルバイトの設計報酬を資金としての冬休みの旅であった。

当時、クルマもまだまだ少なく、学生でライセンスを持っているものもわずかということで、ペーパードライバー同然のkurakame青年は、後半の西日本に同行させていただいた。(概要は↓More欄で)
当時、高速道路は皆無、1号線の東海道でさえ、一部は未舗装の道路状況であった。

年末の兵庫県北部の国道9号線である。故障が修理できるわけでもないのに、一行はツナギの作業衣などを持ち込んで格好をつけていた。

このときは、なんの故障かは覚えていないが、そのちょっと前に落輪して通りかかりの定期便のトラックに引っぱって貰った記憶がある。すれ違いも一苦労の狭い国道である。


これから峠を越えて日本海側に出る、ちょっと手前。「気をつけて行けよ」とトラックの運転手に励まされた。
c0156404_8374829.jpg

Canon L2, Serenar 35mm/2.8. *(プリントからのスキャン)


More(’59年、冬休みの西日本1周)
by kurakame | 2011-08-23 08:48 | Others | Comments(6)

memories ① -’62年、浄瑠璃寺

学生の頃からのネガが溢れてしまって、夏の1日、思い切って整理、大部分を廃棄することとした。
ふと、目に止まった、記憶が鮮明ないくつかのシーンを、夏の終わりに自分史のメモとして。
旧い写真ゆえ、カビ、キズ、退色等々はご容赦のほどを。


浄瑠璃寺

奈良郊外、当尾の里の浄瑠璃寺は九体阿弥陀堂形式を残す現存唯一の寺で、別名を九体寺とも呼ぶ。
和辻哲郎の古寺巡礼や、土門拳の写真に刺激されて、平安後期のこの名刹へも学生の頃から何度か足を運んだ。

当時は、路線バスの九体寺口という停留所から畑や林の中を30分以上も歩いて、鄙びた古寺に辿りついたものだ。

訪れる人も稀なほどに静まり返った境内の浄土池などはかなり自然のままの風情が阿弥陀堂の美しい形を映していた。

c0156404_8303820.jpg

Canon L2, Serenar 35mm/2.8


More(数年前に訪れた浄瑠璃寺)
by kurakame | 2011-08-21 08:49 | Others | Comments(8)

PC NIKKOR 35/3.5 @民家園 - 菅原家住宅

出羽三山の麓の農家。

素朴な中に高窓の破風の独特なフォルムが何かモダンなデザインに通ずるものがあるような気がする。鶴岡市松沢から移築。18c末。

c0156404_89276.jpg
c0156404_892266.jpg

NIKON F, PC NIKKOR 35mm/3.5, RDPⅢ

by kurakame | 2010-09-27 08:13 | Others | Comments(0)

PC NIKKOR 35/3.5 @民家園 - 作田家住宅

2棟がバランスよく繋がった旧作田家住宅。
千葉県九十九里浜の地引網漁の網元の住宅であった。2棟のつなぎの谷樋には大きな丸太を割ってくりぬいたものが使われている。17c、国指定重要文化財。

c0156404_8395686.jpg

c0156404_8465239.jpg

NIKON F, PC NIKKOR 35mm/3.5, RDPⅢ

by kurakame | 2010-09-25 08:42 | Others | Comments(0)

PC NIKKOR 35/3.5 @民家園 - 信州の水車小屋

シフトレンズのPC NIKKOR 35/3.5, ぼくのレンズも最初期のもので、すでに'70年にシカゴやNYの近代建築の撮影に活躍していた。

いつもの川崎市立日本民家園、建物のアングルがどうも上手くいかないと常々思っていたので、このレンズを思い出した。PC NIKKORはその後28mmとなり、現在は24mmの高額なものになっているが、最初のこのレンズは手放さずに手許にある。

残念ながら、現代のデジカメにも、ちょっと前のフィルムニコンにも装着出来ないので、万能Fマウントの「F」登場である。

手抜きで、三脚を持参していないので、シビアな画面構成にはなっていないのはご容赦の程を。

c0156404_15504229.jpg


c0156404_1552233.jpg信州の村、長野市上ヶ原からの移築で、木製の歯車や杵で粉ひき作業などをやっていたもの。

19c半ばの建築。民家園では、小高い丘の上にある。


















NIKON F, PC NIKKOR 35mm/3.5, RDPⅢ

by kurakame | 2010-09-23 15:56 | Others | Comments(0)

NIKON F + 20mm/2.8 @ 表参道

梅雨入り前のカメラの虫干し。

棚の奥のほうに暫らく眠っていた F に20mmレンズとネガフィルムで表参道の終日の午後である。

c0156404_8553481.jpg
c0156404_8554954.jpg

NIKON F , Ai Nikkor 20mm/2.8, PN400N

by kurakame | 2010-06-12 08:59 | Others | Comments(2)

十三夜の月面

09年10月30日、旧暦9月13日十三夜の月面。撮影時17時37分の月齢は12.12であった。

本家「クラカメおじさんの気まぐれ写真」の画像を再録。1500×1500pxlsに拡大可能。

c0156404_20335684.jpg

自作20cm反射望遠鏡(×66)+NikonCoolpix P5000. f 4.3, AE(±0EV) ISO100、WB  Daylight
クリックで画像拡大します。

by kurakame | 2009-10-30 20:38 | Others | Comments(2)