カテゴリ:GM5( 65 )

ご近所最後の八重桜






新駅周辺商業街区と既存の公団団地城下町の戸建て住宅地を区切るように、
並木の緑道が造られている。



並木のメインはソメイヨシノだが、なぜか一株の八重桜が混じっていて、
毎年、近くのハナミズキと同時に満開となって、サクラの季節の終りを告げてくれる。


半世紀近くを経て大樹の趣になってきた。

c0156404_17080968.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2018-04-16 07:00 | GM5 | Comments(2)

続々・富士山頂日没






冬型の晴天が続く南関東だが、気象情報の神奈川は午後から曇り、所によりにわか雪(!)。

予報通り朝からの晴天は昼過ぎからベタ曇り、相模原では雪が舞ったとかの情報も。



ところが、午後4時近くなって空は明るくなり、ついには雲の切れ間から時折の陽射しも見え始めた。


日没30分前、昨日と同じく西の地平線は雲が切れ、富士山頂も見える。



ラッキイ(!)、3度目の正直。

見事に富士山頂の日没を捉えることが出来た。



16時59分から、ほぼ30秒毎のイメージを列挙しておこう。(2月8日)

c0156404_20304407.jpg
c0156404_20310359.jpg
c0156404_20312494.jpg
c0156404_20314436.jpg
c0156404_20320517.jpg
c0156404_20322148.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Borg 50FL 400mm/f8+ND8


by kurakame | 2018-02-09 07:19 | GM5 | Comments(8)

続・ 富士山頂日没






2月7日朝から快晴。ところが日没1時間前ごろには西の低い空に雲が棚引いていたが。

その下の地平線付近は雲が切れて、青空も富士山頂も見えている。


またまた、あわてて機材をセットする。


日没15分前に雲の下から眩しい太陽が現れた。


太陽が富士山頂にかかる直前の16時58分から1分置きの画像である。

太陽は2分間で視直径の分だけ移動する。



この日が、山頂ドンピシャかと思ったが、もう1日早かったようだ。

c0156404_19595383.jpg
c0156404_20001096.jpg
c0156404_20003384.jpg
c0156404_20004999.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Borg 50FL 400mm/F8


by kurakame | 2018-02-08 07:02 | GM5 | Comments(4)

1日早いわが家からの富士山頂日没







ダイヤモンド富士、富士山頂の日の出、日没の輝きを云う。


富士山から直線距離80kmほどのわが家からは、丹沢山系の山並みの上にちょっと頭を出す富士が見える。

雄大な富士山の頂上の輝きがダイヤモンドに見られるなら、
わが家からのは、どうもダイヤモンドではなく、ただ物理的な富士山頂の日没であろう。


郊外の住宅地だが、富士山方向にも住宅が増え、それに伴って電線も錯綜する。


相変わらず、カメラを担いで出かける元気も無くて、
今年もまた、電線の隙間からの富士山頂日没を、1日早めに撮ってみた。


明日も気象予報は晴れだが、気まぐれな山際の雲はどうなるか分からない。(2月6日)

c0156404_19481717.jpg

1分後、太陽が山の端に消える頃、山頂の地吹雪が輝いて見える。

c0156404_19483836.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Borg 50FL 400mm/8. f 8, AE(1/16000)-1.5EV, ISO200, WB5500K



by kurakame | 2018-02-07 07:37 | GM5 | Comments(4)

秋晴れ! - 深大寺参道






10月下旬、台風の合い間の快晴の一日。

グループ撮影行は神代植物公園の秋薔薇であったが、長雨と台風の影響で薔薇は散々。



ランチはもちろん深大寺蕎麦。前日までの雨模様から一転の秋晴れの参道スナップから。

c0156404_10151537.jpg
c0156404_10142559.jpg
c0156404_10153384.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2017-11-05 07:09 | GM5 | Comments(4)

雨の神田 - 日本橋室町へ







目的地は日本橋室町方面だったが、10分ほど時間に余裕があったのでちょっとだけ遠回り。



普通は神田駅南口なのだが、西口から歩いてみた。

近くにはディープな神田も多々あるのだが、それほど時間も無く、雨の所為もあってあとは目的地へ直行。



さすがに雨の午後、人通りは少ない。

c0156404_14492954.jpg
c0156404_14494353.jpg
c0156404_14500793.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 1.7/20 ASPH.


by kurakame | 2017-11-03 07:15 | GM5 | Comments(4)

雨の神田 - 西口ガード下







2つの週末台風の間の、冷たい雨の日、やむを得ぬ所用で都心に向かう。


何時もはメトロだが、あいにく事故かなにかでダイヤが乱れているというので、JRの神田。

しばらくぶりの神田駅も、ガード下の風景は変わらないが、
周辺の飲食店などは大分様変わりのところも。



雨の中を目的地に向かう間、片手撮りスナップは、ちっちゃなカメラとAF単焦点レンズで決まり。

c0156404_14395250.jpg
c0156404_14400545.jpg
c0156404_14401951.jpg
c0156404_14403151.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 1.7/20 ASPH.


by kurakame | 2017-11-02 07:33 | GM5 | Comments(4)

戻り梅雨のような土用の合い間に夏の光を見た





完全空梅雨に近かった関東南部の梅雨が明けて、夏の土用に入った途端、
まるで戻り梅雨が始まったかのようにぐずついた天候が続き始めた。


天気図は戻り梅雨では無くて、この天候は南の海に迷走している台風5号の影響が大きいらしい。

そんな中でも時折雲の切れ間が現れて太陽が顔を出すと、
その光は、やはり真夏の陽光そのもであった。


今日から8月。

c0156404_09041231.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2017-08-01 07:05 | GM5 | Comments(2)

モノクロームでニコタマ - LOUIS VUITTON





ニコタマの半世紀にわたるショッピグの中心は、いうまでもなく二子玉川高島屋SCであろう。

最近は、駅の南側にも大型の複合商業ビジネス施設のライズもお目見えしたが。



デパートの1階というのは、とくに近頃、著名ブランドのブッティックなどが多くの床面積を占めるケースが多いようだ。

こちらも、まあ、1階のほとんどはブティックだ。


正面の大通りの歩道からさらに植栽ゾーンを隔てた歩行者通路に面した大きなスペースは、
通常なら華やかなディスプレイが展開する筈だが、ここでは大きなロゴの店名のみ。

もう、商品を外から見せびらかさなくてもいいのだろう。

c0156404_08293427.jpg
c0156404_08295160.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4


by kurakame | 2017-07-29 07:18 | GM5 | Comments(4)

モノクロームでニコタマ - NOKTON classic 35mm/1.4






VoigtlanderブランドのNOKTON clasic 35mm/1.4。

メーカーのCOSINAさんによると、
「クラシックレンズの味わいを最新の光学技術で磨き上げ、現代に甦らせた」とある。

何よりも小さくて軽いので、街歩きにも持ち出しやすい。


今回は、これも小っちゃなPanasonicさんの LUMIX GM5に装着してのニコタマぶらり。


M4/3のG5に取り付けると、35mmフルサイズ換算70mmの画角の中望遠となる。

中望遠、大口径F 1.4の効果がまた新鮮だ。

c0156404_13080623.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4






by kurakame | 2017-07-27 07:04 | GM5 | Comments(2)