カテゴリ:M(Typ262)( 141 )

寺家ふるさと村初秋 - 休日の朝







寺家ふるさと村の水田はかなり伝統的は耕作を続けているようには見えるが。

都市近郊というより町の真ん中に近く位置しているものの、いわゆる観光農地では無い。



とはいうものの、大型団地から徒歩5分、渋谷から電車とバスでも40分あまり、
休日などには子供連れの家族たちの絶好の郊外散歩の場所でもある。

子供たちは、里山や水路での虫取りもお目当てのようだ。

c0156404_10352582.jpg
c0156404_10354274.jpg
c0156404_10360449.jpg

Leica M262, Summaron 2.8cm/5.6


by kurakame | 2018-09-21 07:25 | M(Typ262) | Comments(4)

寺家ふるさと村初秋 - 里山の社





寺家ふるさと村は水田や農地が残されているのだが、
東西に細長い谷筋の両側には里山もいっしょに残されている。


南側の里山では、遊歩道も比較的よく整備されていて、山内には数か所の池もあったりする。



その里山のふもとには、古くからの鎮守の社、熊野神社があり、通りすがりの人たちがよく拝礼しているのを見かける。


熊野神社の長い石段のすぐ隣は、小さな稲荷社だ。

しばらく来ないうちに、鳥居も社も新しくなっていたようだ。

c0156404_15125780.jpg
c0156404_15132116.jpg

Leica M262, Summaron 2.8cm/5.6


by kurakame | 2018-09-19 07:03 | M(Typ262) | Comments(2)

寺家ふるさと村初秋 - 実り







寺家(じけ)ふるさと村。


横浜市青葉区寺家町に東京都町田市や川崎市麻生区に隣接し、
穏やかな里山の谷筋に残された水田をメインとする農地である。

残された、とういうものの地主の農家さんや行政の支援もあっての苦労の結果であるらしい。

およそ巾100m、長さ1.5kmぐらいか。



9月初めの日曜日の朝、つかの間の秋雨前線の北上につられた快晴に誘われてのリハビリ歩行。

収穫はまだ始まったばかり。ほんの数枚の田んぼのみであった。



お供はM262に半世紀前の超広角レンズ、赤ズマロン。

c0156404_11015181.jpg
c0156404_11013219.jpg
c0156404_11004646.jpg
c0156404_11001232.jpg
Leica M262, Summaron 2.8cm/5.6





by kurakame | 2018-09-17 07:08 | M(Typ262) | Comments(4)

September






まるまる2か月にわたる長い暑い夏が、ようやく暦の上では9月になった。



このところ秋雨前縁の気まぐれで、かろうじて、無理やり秋の気配を感じ取ることが出来る日もあったが。

またまたの台風の動きと共に、秋は眼の前かどうか。



古い、公園の雑草もまだまだ元気だ。

c0156404_15400760.jpg
c0156404_15403445.jpg

Leica M262, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2018-09-01 07:05 | M(Typ262) | Comments(8)

夏の終わりの予感 - 百日紅






何個目かの台風の接近の合い間の朝からの快晴の日。


一駅先の支線の駅前に残る旧家の屋敷とそれを取り巻く畑や果樹園に秋の匂いを探しに立ち寄ってみた。

さすがにこんな日は「色付き」のライカだ。



柿畑の実は、色付くにはちょっと早い様子で、とりたてての初秋の気配はまだ見当たらない。

そんな折に、柿畑の一隅に満開の百日紅の大樹を発見。


花でもつけていなければ、気が付かなかったかも知れない。

c0156404_14525062.jpg

Leica M262, Apoqualia-G 28mm/2.0


by kurakame | 2018-08-23 07:02 | M(Typ262) | Comments(6)

終戦の日






8月15日、終戦記念日、もしくは敗戦記念日。

記念日はなんとなくそぐわないように思うので、終戦の日としておこうか。いや、ほんとうは「敗戦の日」だろう。



その日を迎えて思い出すのは9歳の夏、田舎の戦中戦後。

琵琶湖に注ぐ小川の畔の夏草の匂いと、じりじりと照りつける真夏の太陽。



集落に2軒だけのラジオに隣近所で集まって、重大放送聞いた記憶。


受信状態も悪かったが、あの「玉音放送」をきいても、こどもや、田舎のおじさんおばさんには何も理解できなかった。


夕刻、父が帰宅して、「日本は負けたらしい。」


小国民kurakameには、あの夏はやはり夏倉の匂いである。

c0156404_13254763.jpg

Leica M262, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2018-08-15 07:13 | M(Typ262) | Comments(5)

旧 盆






相変わらずのお盆(旧盆)の民族大移動中の夏。

矢継ぎ早の台風の余波を受けて、当地ではここ2,3日いくらかの猛暑はやわらいではいるが。


一向に台風一過の秋の爽やかさは未だ訪れそうに無い。



お盆を迎えた曇り空の朝、いつものご近所隣村の原生林風の旧住宅公団の公園林道である。

c0156404_14381292.jpg
c0156404_14383783.jpg

Leica M262, Sonnetar 59mm/1.1


by kurakame | 2018-08-13 07:29 | M(Typ262) | Comments(4)

梅雨明け、休日の朝の銀座マロニエ通り (完)







中央通りの銀座二丁目交差点、通称ブランド交差点。

しばらく来なかったら、ちょっと様子が変わっている、と思って、とりあえずはいくらかのショットを。



よくみると、ブランド交差点の四天王(?)の一画がリニューアル工事中で、その仮囲いのイラストであった。

1階リニューアル、秋オープン。2、3回営業中という。

c0156404_09193952.jpg
c0156404_09192007.jpg
c0156404_09195565.jpg

Leica M262, Elmar-M 2.8/50




グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~ 本日最終日

最終日 10:30-14:00

富士フォトギャラリー銀座
銀座1-2-4、サクセス銀座ファーストビル4F


by kurakame | 2018-07-19 07:12 | M(Typ262) | Comments(2)

梅雨明け、休日の朝の銀座マロニエ通り (3)






建造物のアーチは、もともと石や煉瓦の構造の開口部を力学的に解決した重厚なデザインである。

昨年、マロニエ通りに出現したアーチの窓や出入り口は、ややチープな金属の質感と共に
現代風のアーチデザインとして、不思議な存在感がある。


歩道のマロニエの並木とも美しく調和しているように思う。


H&M系のCOSのブティックである。

c0156404_10473825.jpg
c0156404_10471786.jpg

Leica M262, Elmar-M 2.8/50



グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~  開催中!

7月13日(金)~19日(木)
10:30-19:00、土日祝 11:00-17:00、最終日 -14:00

富士フォトギャラリー銀座
中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル4F


by kurakame | 2018-07-17 07:06 | M(Typ262) | Comments(4)

梅雨明け、休日の朝の銀座マロニエ通り (2)







休日の朝、といっても10時前ぐらいだが、まだまだ人通りは少ない。

通りの反対側からのスナップには、ボクには50mmレンズが使いやすいような気がしている。


街撮りで、多くの色の不協和音が気になって、ついモノクロに走りがちなのだが、
ここ、銀座ではその心配もあまりない。

c0156404_16323711.jpg
c0156404_16322329.jpg

Leica M262, Elmar-M 2.8/50



グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~  開催中!


7月13日(金)~19日(木)

10:30-19:00、土日祝11:00-17:00、最終日-14:00

富士フォトギャラリー銀座

中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル4F


お詫び;体調やや不完全なため、小生の在廊日時は不定とさせていただきます。

by kurakame | 2018-07-15 07:26 | M(Typ262) | Comments(2)