カテゴリ:M(Typ262)( 118 )

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (3)Tourists





猛暑日になったお昼過ぎの街。


遅い夏休みのせいか、ランチのサラーマンたちの数も少なく、
街行く人で目につくのは大きなリュックなどを背負った外国からの観光客。


限られた滞在日数や時間とあれば、猛暑だろうが雨だろうが出歩くしか無い。


住友ビルは何やら大規模増築工事中のようだ。

c0156404_13584456.jpg

c0156404_14102645.jpg

Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6




by kurakame | 2017-08-30 07:02 | M(Typ262) | Comments(6)

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (2) 交差点 LOVE





アイランドタワーのところの交差点は、大きな円形の交通標識(?)と野外彫刻LOVEだ。



この野外彫刻LOVEは Robert Indianaのデザインにより、世界中の街中や美術館に、多くのバージョンとして存在する。

もともとはグラフィックのデザインであったらしい。



因みに、この交差点は「新宿警察署裏」という名前のようだ。

c0156404_10241397.jpg



近寄ってみると、いつも大勢のカメラが群がっている。今日は猛暑のせいか、少な目。

c0156404_10243138.jpg

Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6


by kurakame | 2017-08-29 07:16 | M(Typ262) | Comments(8)

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (1) 中央通りのケヤキ





コシナさんの Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6。

これだけのワイドになると、出番はなかなかに少なくなって、つい、棚の奥のほうにいってしまう。


残暑のぶり返して猛暑日になったとかの昼さがり、所用の途次での新宿西口風景。ウルトラワイド、手探りの3景。


先ずは、地下道を抜けたあたりの中央通。

大きな並木のケヤキも小さく見えて見慣れた景色も不思議な絵になった。

c0156404_17564845.jpg
Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6




by kurakame | 2017-08-27 07:03 | M(Typ262) | Comments(6)

実りの秋近し






曇り空ときどき雨、所により豪雨、落雷。こんな日がつづく当地の8月。

ちょっと、雲が薄くなって空が明るくなった。まだ、太陽は顔を出さない。



そんな天候の合い間をぬって、隣村の田んぼを見に行ってみた。


横浜市緑区寺家町。在来の農家と行政で谷間の水田をしっかりと守り続けている、寺家ふるさと村である。



ボクらの子供のころから比べると、一般に稲の収穫はかなり早くなっている感がする。

まだ8月の下旬に入ったばかりだが。

c0156404_10182002.jpg

Leica M(Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.


by kurakame | 2017-08-22 07:09 | M(Typ262) | Comments(6)

迷走台風5号とともに立秋も過ぎた。






長期間南海上で迷走して消えていくかと思っていた台風5号は息を吹き返して大型台風となり、
日本縦断コースを辿り、各地に大きな被害をもたらしていった。


台風情報に明け暮れている間に立秋を迎え、
8月8日未明の部分月食は当地では富士山頂近くで見られると期待していたが、これも厚い雲と強雨に阻まれた。


残暑の季節の始まりである。

線路際の夏草だけは、毎年元気だ。

c0156404_14392696.jpg

Leica T,(Typ701), Summilux M 1:1.4/35 ASPH.


by kurakame | 2017-08-09 07:13 | M(Typ262) | Comments(6)

銀座ウオッチング - 五丁目のお父さん







あまりTVを見ることは多くないほうだが、それでも何となく目に残っているCMの白いお父さん犬。


多分、そんなに前からではないように思うが、
そのお父さん犬が銀座のど真ん中に鎮座して、夏日のホコテンを見守っていた。

c0156404_10203328.jpg

Leica M(Typ262), Apoqualia-G 1:2/28






by kurakame | 2017-07-09 07:13 | M(Typ262) | Comments(4)

銀座ウオッチング - 夏日のホコテン





西日本、とりわけ九州地方の豪雨の惨状はすざましい様相だ。

当地は、申し訳ないほどに空梅雨模様で連日の真夏日。



これはまだ、梅雨入り直後ぐらいの真夏日のホコテン、五丁目辺り。

午後の早い時間帯だが、ひと時ほどの混雑は緩和された気配。ただ、猛暑の所為か。


カメラの朦朧体は、暑さのせいではない。

MS OPTICS 宮崎さんのAPOQUALIA-G 2/28 絞り開放の図である。

c0156404_10183403.jpg


c0156404_10184640.jpg

Leica M(Typ262), Apoqualia-G 1:2/28


by kurakame | 2017-07-08 07:09 | M(Typ262) | Comments(4)

銀座ウオッチング - GINZA SIXの弥生さん





写真のもろもろの要素が凝縮したような場所、「富士フォトギャラリー銀座」でのグループ展から、
高揚感が拭い切れないうちにもうすぐ一と月が経過しようとしている。


そんな写真展に来てくれた若い友人たちと、週末の混雑を承知の上で、ランチを兼ねてGINZA SIXを探検に行った。


中央吹き抜け空間の草間弥生さんである。


あの、極採色の水玉で近頃ますます意気軒昂でいらっしゃると聞く。

ここではさすがに、落ちついた水玉であった。

c0156404_15220484.jpg

Leica M(Typ262), Apoqualia-G 1:2/28


by kurakame | 2017-07-07 07:12 | M(Typ262) | Comments(4)

梅雨晴れの日本民家園 - 関東の村で







川崎市立日本民家園「関東の村」。

房総の網元家から地元川崎の農家まで、7棟の古民家と祠や仕事小屋などが収集されている。


芝棟の清宮家はご当地登戸の農家で、17c後期というから江戸時代の半ば前頃か。



庭先の樹木にピントを持ってきたズミクロン50mm/2.0開放のイメージである。

c0156404_11333606.jpg

Leica M(Typ262), Summicron(L) 50mm/2.0 沈胴


by kurakame | 2017-06-23 07:27 | M(Typ262) | Comments(2)

梅雨晴れの日本民家園 - 小さなトンネル





「信越の村」から「関東の村」への園内メイン通路は小さなトンネルを抜ける。

丘陵地の民家園だから、高低差や傾斜地は当たり前。このトンネルの上は園外の一般道路がだ。


玉石の擁壁とプリミティブなコンクリートのトンネルと雑草。

c0156404_09471669.jpg

Leica M(Typ262), Summicron(L) 50mm/2.0 沈胴


by kurakame | 2017-06-21 07:11 | M(Typ262) | Comments(2)