カテゴリ:Ⅰ f( 28 )

駅前里山 - レジデンス






駅前里山の丘を降りると、駅周辺の商業施設とのあいだの平坦な土地に高級と思える共同住宅がある。


駅周辺開発時に地権者として参画したデベロッパーよるもので、
きれいに植栽された樹木に囲まれたゆったりとした敷地に数棟の中層住宅が配置されている。



現在外壁の改修中のようだが、里山を降りた視点からの黄葉とのコラボ2景。

c0156404_16100062.jpg
c0156404_16101317.jpg
Leica Ⅰf, Summaron 35mm/3.5, KODAK EKTAR 100.



by kurakame | 2018-12-08 07:09 | Ⅰ f | Comments(4)

駅前里山 - 雑木林の黄葉






ケモノ道の遊歩道を奥へ進む。急な坂には階段も造られている。


当然ながら誰もいない、と思っていたら後ろから勢い良い足音が。

振り返るとジョギングのおじさんが。道を譲って軽く会釈。



かつて、上のほうにあった東屋はもう無かった。

ベンチが残っていたが、そこにも一人、若い男性がスマホに見入っていたので、近づくのは遠慮。



この付近の雑木は見事に黄葉していて、上ってきた(といっても10分ぐらいだが)甲斐があった。
 
c0156404_14434147.jpg
Leica Ⅰf, Summaron 35mm/3.5, KODOK EKTAR 100.

by kurakame | 2018-12-05 07:07 | Ⅰ f | Comments(4)

駅前里山







市の副都心とも呼ばれるようになったご近所駅前。

そこから歩いて5分あまりのところに正真正銘の里山が残っている。

で、変なタイトルになった。



冬型の気圧配置の始まりか、晴天続きに誘われて、期限切れのフィルムを持ち出してみた。

ならば、できるだけシンプルな装備がよかろう。


カメラはいつものライカⅠf、ファインダーも距離計もないシンプルライカ。(1955年製)

レンズもズマロン35mm/3.5。(1950年製)


写真を始めたころの初心に帰って距離の目測も 「遠く」,「近く」,「中ぐらい」、の3か所。太陽を背にして撮る。

露出もヤマカン、ISO100のフィルムだから晴天でf5.6、1/500。



さて、その里山は例によって公園になっているが道路側に小さな運動広場があるほかは,いきなりの雑木林。
ちょっとした山のなかにケモノミチのような遊歩道があり、かつて上のほうには小さな広場とベンチと東屋があった。


まずは、遊歩道の登り口あたりで小さな黄葉に出会ったほかは、雑木の遊歩道もかなり荒れたようす。

c0156404_14091333.jpg
c0156404_14085702.jpg
Leica Ⅰf, Summaron 35mm/3.5, KODAK EKTAR 100.






by kurakame | 2018-12-03 07:08 | Ⅰ f | Comments(2)

久々のフィルム - たまプラテラス










1955年生まれの赤ズマロン(Summaron 2.8cm/5.6)。近年、Mマウントで復刻されてまた人気が出ている。


当時の28mmは超広角レンズ。ただF5.6と暗いので、フィルムでは扱いにくかったようだ。

   

ここではあえてフィルムでトライ。

どうもM M(Leica MMonochrom)では、オールドレンズの弱点の一つである逆光のフレアが一段と強く出る気がしているからだ。



たまプラテラス。正式にはたまプラーザテラスだが。東急田園都市線たまプラーザ駅直結のショッピングエリア。

ファッション、グルメ、インテリアなどがメインで、いくかの建物の隙間空間も面白い。

c0156404_10481952.jpg
Leica Ⅰf, Summaron 2.8cm/5.6, ILFORD XP2 Super.



by kurakame | 2018-11-04 07:06 | Ⅰ f | Comments(0)

久々のフィルム - ハロウイン







夏まえにフィルムを入れたままでデスクの隅に眠っていたLeica Ⅰf。

暑さのせいか、体調不良のせいか。それもあるが、M M(Leica M Monochrom)の存在かも。



10月末の通院日に、このⅠfを持ち出してみた。軽量優先でレンズは虎の子の赤ズマロン。

気が付けば、オールドレンズには不可欠とされていたレンズフードを忘れてきた。



街中も、ショーウインドウーもカボチャ一色。

今日からは一斉にクリスマスディスプレイに様変わりするのだろう。

c0156404_15531952.jpg
Leica Ⅰf, Summaron 2.8cm/5.6, ILFORD XP2 Super.



by kurakame | 2018-11-01 07:03 | Ⅰ f | Comments(4)

昭和な街、昭和なカメラ - 隣駅周辺






ぼくたち昭和っ子はなかなか平成という元号に馴染めないままに平成はあと1年で終わる。

正月早々天皇が亡くなって、元号が変わった時から、ぼくは西暦をメインにすることにした。

お役所関係の書類は基本平成だから、免許の書き換えとか、
たまに銀行の書類だかの日付の記入はいつも一瞬考えないといけない。


そんな平成も30年が経過して、昭和はいつの間にか昔々のことになってしまった。



山野を切り拓いて新しく造られた昭和の大団地と、駅、それに駅前商店街。

商店街はおもに個人商店用に住宅公団が分譲したようだ。

バス通りと、その裏側の道路沿いである。その先は、もう広い団地となっている。



裏側の通り。地元資本のスーパーや銀行のサービス入口があったり、いくらかの商店が営業を続けている。

c0156404_15220263.jpg

c0156404_15320627.jpg


c0156404_15221831.jpg

c0156404_15223477.jpg

Leica Ⅰf, Summaron 3.5cm/3.5, ACROS 100




by kurakame | 2018-06-02 07:05 | Ⅰ f | Comments(2)

昭和な街、昭和なカメラ - 隣駅前






隣り駅とその周辺は典型的な「昭和な」街である。


昭和35年(1960)、初期の大型公団団地の開発と同時に、駅も新しく開業した。

団地も、駅も、新しい街も、ニューライフスタイルで新鮮であった。



14年後、支線の分岐点として隣りにまた新しい駅が生まれる。

こちらの駅とその周りはは、その後新しい都市計画によって川崎市の北部副都心と呼ばれるほどに成長する。



半世紀前の駅前を、同じころに生まれたカメラとレンズで撮ってみた。

街 1960、 カメラ 1955、 レンズ 1950。

c0156404_10054800.jpg
c0156404_10061032.jpg
c0156404_10063432.jpg

Leica Ⅰf, Summaron 3.5cm/3.5, ACROS 100


by kurakame | 2018-05-31 07:08 | Ⅰ f | Comments(2)

久々のフィルムモノクローム - 急行通過駅





小田急の下北沢近辺の複々線化の完成による大幅なダイヤ改正で、
急行や快速急行の本数も増えたが、どうもこのあたりの郊外区間での各駅停車は若干減ったような気さえする。



隣り駅は半世紀前の初期の大型公団団地の開発とともに開発された花形駅であった。


旧公団住宅の第2世代の共同住宅群も素晴らしい住環境で人口も減ってはいないと思うが、
週日の駅は閑散としている。



通勤通学時間帯は当然混雑しているのだろうが。

c0156404_14351447.jpg
c0156404_14352935.jpg

Leica Ⅰf, Summaron(L) 28mm/5.6, ILFORD XP2 Super


by kurakame | 2018-04-09 07:26 | Ⅰ f | Comments(4)

久々のフィルムモノクローム - 春休みもそろそろお終い





フィルム環境はどんどん悪くなっているが、週1本、なんとか月に1本と実行していたのが。


今年の正月に装填したモノクロフィルムが、なんと、1枚もシャッターを押さずに4月になっていた。

昨年手許にやって来たM Monocromの初代の所為も多分あるのだろうか。



さて、Ⅰfにオールド赤ズマロンの出で立ち。フィルムはまだ近所のミニラボで1時間現像ができるXP2。

何しろ、普通のモノクロフィルムは、ポジカラーと同様に宅配便で集合ラボを往復するので1週間以上の時間がかかる。



隣町の駅は春休みの親子連れさんなどで賑っていた。

まともな逆光の盛大なフレアは、もう現代レンズでは見られない。

c0156404_10395435.jpg

Leica Ⅰf , Summron(L) 28mm/5.6, ILFORD XP2 Super.


by kurakame | 2018-04-07 07:26 | Ⅰ f | Comments(4)

二子玉川商店街







ニコタマと愛称されている二子玉川駅周辺。

半世紀ほど前からの玉川高島屋ショッピングセンターに続き、南口の二子玉川ライズの全面オープンで、
ショッピングやビジネスの高感度なスポットとして完全定着の様相だ。


玉川高島屋SCのすぐ北側からは、在来の商店街が住宅地のあいだに続いている。

どうやら、この商店街はタカシマヤSCによって、駅から分断されたような位置関係だが、
まだまだ元気に街の人たちに支えられているという情報を得た。


入口付近だけだが、ちょっと覗いてみたら、やはり・・・という感想ではあった。

c0156404_17055496.jpg
c0156404_17043898.jpg
c0156404_17045705.jpg
c0156404_17051450.jpg
c0156404_17053197.jpg

Leica Ⅰf, Summaron 35mm/3.5, ILFORD XP2 Super


by kurakame | 2017-10-22 07:02 | Ⅰ f | Comments(6)