<   2018年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

南青山のSee Through







このところ、街歩きで気になっているものの一つにガラスのコーナーがある。


コーナーを透して街並みやそのに登場する人物を新鮮な感覚で見る。

適当なな言葉であるかどうかはともかく、ボクは勝手にSee Throughと呼んでいる。




ここ南青山でもまた1か所、リニューアルされたショーウンドウを発見した。

c0156404_14043891.jpg

Leica M Monochrom, Sonnetar 50mm/1.1



by kurakame | 2018-02-28 07:06 | M MONO | Comments(6)

JR石北線北見駅 1995




カーリング女子が念願の銅メダルに到着した。LS北見の「そだねーお嬢さん」たちが人気を集めている。


そこで、思い出した。20年あまり前の数年間、オホーツク沿岸市町村の町興し企画として、
都市計画のバーチャルコンペが行われていた。

バーチャルだが、著名な都市計画家の先生たちが審査にあたり、市町村の全面的な協力もあり、
若い建築家たちや、ぼくらのようにヒマな建築家もかなり熱心に参加したものだ。


で、その数年間の、夏の何日かをこの辺りの街をうろきまわったり、
あるいは、日帰りで網走市役所の会議に出かけたりしていた。


北見市はこの周辺の街である。
カーリングのメッカといわれる常呂(ところ)町はオホーツク海に面して網走湖とサロマ湖の間にある。

町村合併で北見市になったようだが、地理的には網走市に近い。


当時、北見はコンペの範囲外であったが、
ある日思い立って廃線間近であったちほく(池北)線「ふるさと銀河鉄道」の始発北見駅から終点の池田駅まで乗ってみた。

その時の北見駅の写真が見つかった。列車は急行オホーツク号である。


カメラは多分、まだ使っていたNIKON FにPC NIKKORの35mmであったと思う。

c0156404_14541391.jpg



カーリングの街常呂をなつかしく思い出しての番外編。


by kurakame | 2018-02-26 07:30 | Others | Comments(8)

SONNETARで南青山(2)







この通りを歩いていると、どうしてもこの大きなガラスブロックの小さなお城(?)が気になってしまう。


PRADA のこの小さなお城は、建築デザインからみても傑作には違いないないが、
前にもふれたが、このガラスブロックの大きさは、この街では大きすぎるような気がしてならない。



お隣のブティックもリニューアルされたようだ。

c0156404_09253547.jpg

Leica M Monochrom, Sonnetar 50mm/1.1





by kurakame | 2018-02-25 07:18 | M MONO | Comments(4)

SONNNETARで南青山






先月に続いての南青山、根津美術館への通りである。


さすがに最先端ブティクの世界。リニューアルや新規の店舗展開も目まぐるしいようだ。

この日のお供は、M MonochromにMS OPTICAL 宮崎さんの快作SONNETAR 50mm/1.1である。


オシャレ通りは、駐車するクルマもオシャレだ。

絞りは F 2まで絞ってみた。

c0156404_11183115.jpg

Leica M Monochrom, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2018-02-23 07:09 | M MONO | Comments(4)

NIKON Fと谷中を往く - 酒屋の店先






谷中銀座のよみせ通り寄りに、古くからの酒屋さんがある。

ぼくの記憶ではかなり前から店先での立ち飲みをやっていた。


散々歩き回って、ここでナマビールを買って、お隣の肉屋さんの店先でコロッケをつまむのが常であった。



今も、大繁盛である。所狭しとビールの空き箱などを椅子代わりにしているが、ここも満員であった。


常連さんらしいおじさんが、かなりご機嫌で観光客のお相手をしていたりする。

c0156404_09550983.jpg
c0156404_09544797.jpg

件の肉屋さん。評判のコロッケやメンチが今も大行列。

c0156404_09542218.jpg

NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2018-02-20 07:07 | Others | Comments(4)

NIKON Fと谷中を往く - 谷中銀座の休日







このところの休日の谷中銀座はどんな様子なのだろうと。

先ほどからのにわかどん曇りは遠のいて、薄日も戻ってきたようだ。



古くからの店に交じって、今ふうの食べ物屋さんや雑貨屋さんも人だかりである。

かつて、メディアで紹介されて、
ついには写真撮影お断りの看板まで出したコロッケ屋さんも写真どころではない有様。



気の向くままの、また、NIKON Fでもノーファインダー。

c0156404_09365533.jpg
c0156404_09371850.jpg
c0156404_09373500.jpg
c0156404_09381260.jpg
NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160



by kurakame | 2018-02-19 07:29 | Comments(4)

NIKON Fと谷中を往く - さんさき坂






台東区谷中と文京区千駄木との境界となっている「へび道」を北上すると{さんさき坂}に至る。

さんさき坂、三崎坂であるが、ひらがな表示になっているところもあった。



バス通りになっている「さんさき坂」を突き切ると「よみせ通り」に続くが、きまぐれに、ちょっと坂を上がって行くと、

谷中小学校のあたりで、こんな人たちに出会った。



休日といっても真冬の谷中は、やはり観光客はまばらだ。

c0156404_08164933.jpg

NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2018-02-18 07:05 | Others | Comments(0)

NIKON Fと谷中を往く - へび道





メトロ千代田線の根津と千駄木の間あたり、不忍通りの1本東側の谷中台地の下のへび道

名前の通りにくねくねと曲がりくねった狭い道路は、藍染川を暗渠化した道路である。



もともとは生活道路であったが、谷根千人気で現代風のお店も大分出来てきたようだ。


休日とあって、三々五々とグループやカップルの観光客に出会う。

c0156404_11274438.jpg
c0156404_11280023.jpg
c0156404_11281304.jpg

NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160






by kurakame | 2018-02-17 07:17 | Others | Comments(4)

NIKON Fと谷中を往く - 藍染大通り





日の丸に出会った路地を北に向かうとすぐに藍染大通りに出る。

大通りとはいっても、不忍通りの根津神社入口交差点から谷中の丘の方への、
ほんの100mあまりの間の道路が、何故か広くなっているだけなのだ。


通過交通があるわけでもなく、休日は歩行者天国になっているようだ。

歩行者天国といっても、ご覧のように、子供の遊び場だ。


お祭りの時などには、行事の広場としても活用されているのを見たことがある。

c0156404_15222208.jpg

NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2018-02-16 07:14 | Others | Comments(4)

NIKON Fと谷中を往く - 路地の日の丸






ブロ友の「正方形×正方形」さんたちのユニークな写真展「ニコライ同盟」が開かれている。

ニコライとは、かのニコライ堂ではなくて、ニコン+ライカのことであるらしい。


1週目はニコン週間だということで、表敬の意味を込めてNIKON Fを持参した。

会場は、根津の「りんごや」さんである。古い昔の八百屋さんを改造した路面の小さなギャラリー。



メンバーさんたちと、しばしのカメラ談義の帰り道、ちょっと遠回りをしながら谷中の街へ。


ギャラリーを出ると、先ほどまでの晴天はいまにも泣き出しそうな空模様。

近くの路地で、鮮やかな日の丸を見た。「建国記念の日」であった。

c0156404_17021626.jpg
c0156404_14214825.jpg
NIKON F, NIKKOR 20mm/2.8, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2018-02-15 07:05 | Others | Comments(6)