マイクロフォーサーズ - アダプター遊び(続々)

手持ちのライカレンズでは一番長い TELE-ELMARIT 90mm/2.8 をLUMIX G1に装着してみる。

これは、画角は180mm相当になるから、180mm/2.8 (!)、手許の古い Ai NIKKOR 180mm/2.8 ED はその重量800g超であるのに、こちらはG1の本体共で635g。

c0156404_9475744.jpg


至近距離1.0m付近でのわが家の老犬。さすがにマニュアルフォーカスは面倒だ。ライブビューでの画面拡大フォーカスエードは手ぶれ状態も拡大されて、お手あげである。
c0156404_9511690.jpg


いずれも、LUMIX G1, TELE-ELMARIT 90mm/2.8, f 2.8 AE, AWB,(上ISO200, 下ISO40)。ライカM-M4/3アダプター(RAYQUAL)使用。

画像はクリックで拡大します。
# by kurakame | 2008-12-21 09:59 | Comments(4)

マイクロフォーサーズ - アダプター遊び(続)

ライカM-マイクロフォーサーズのアダプター(Leica M-M4/3)到着初日のテスト遊びの続編。

ズミルックス35はレンズのほうが重くて、レンズを持ってG1ボデイがくっついている印象。

ならば、手持ちの中で一番短いレンズ、コシナ製フォクトレンダーSuper Wide-Heliar 15mm/4.5 ASPH.を。

c0156404_9163130.jpg
c0156404_9164731.jpg


レンズに較べてでっかいファインダーが不要なのは快適である。折角の15mmが30mmの普通のワイドになるのはいささか残念ではあるが。

問題のフォーカスも、これならパンフォーカスでOK。G1のキットズームよりも小さくで街歩きには楽しそう。

Lumix G1, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, f4.5(上)、f5.6(下) AE,ISO200, AWB
クリックで画像拡大します。

# by kurakame | 2008-12-20 09:24 | Comments(0)

マイクロフォーサーズ - ライカMアダプター

ライカMレンズがマイクロフォーサーズ(M 4/3)規格のカメラに装着できるアダプターが早々と発売された。(宮本製作所

M 4/3 の1号機、パナソニックのLUMIX G1が発売されて2ヶ月足らずという早業。


c0156404_14434713.jpgもちろんマニュアルレンズであるが、ピント合わせはライブビュー画面の任意の位置が拡大できるので問題ない・・・・筈であったが、乱視+老眼の眼鏡には、ましてやうす暗がりでは、そう簡単ではない。

画角は2倍になるがたかが35mmレンズ、街撮りスナップは目測や置きピンのほうが手っ取り早いことに気づく。


早速、まずはズミルックスの35mmを取り付けて宵の六本木を徘徊する。折角の夜である、1.4開放でのスナップの中からヘンな絵を少々。

c0156404_144455100.jpg
c0156404_14451275.jpg
c0156404_14452756.jpg

Lumix G1, Summilux 35mm/1.4 ASPH., f 1.4 AE (-2/3EV,-1.0EV),ISO800, AWB

クリックで画像拡大します。カメラとレンズの重さのバランスに慣れるのにもチョット時間が必要そう。手ぶれ気味もあり、未だライカレンズとG1云々するのは憚られそう(汗)。
# by kurakame | 2008-12-19 14:54 | Comments(2)